• 876

驀走と栄冠

DVD/英語/20分/日本製プレーヤーで再生可能

本作は、1958年に開催された『第一回全日本モーターサイクル・クラブマンレース』は、MCFAJが主催となり浅間高原テストコース(一周9.351km)で行われました。日本全国から45チームが出場し104名が参加、豪雨が降り注ぐなか泥沼と化した山中で日本初となる激しいレースが繰り広げられました。125ccクラス(ウルトラライト)はヤマハがほぼ独占、250ccクラス(ライト)は、ホンダ、ヤマハ、モナーク、ロケット、BSAなど国内外のレーサーが入り混じる激しい展開となりました。実際は舗装もされていない高原でしたが、日本初となるモーターサイクル・ロードレースとしてのクラス別チャンピオンが誕生しました。また、開会式の模様や観客が集う光景は今となっては大変貴重で、モーターサイクルという乗り物がどのように扱われていたかを窺い知る事が出来ます。*此方の商品は当時のフィルムから起こしているため映像が乱れている箇所があります。

定価(税別)
¥2,000
販売価格(税別)
¥2,000
在庫状態
在庫僅少
数量