• 417

American Police Motorcycles

ソフトカバー/W245×H210/モノクロ/英語/144p

本書は、まだ人々の暮らしが自宅より半径30km程度の時代にまで遡ります。20世紀初頭より警察署に導入された白バイや警察関連車両にスポットを当て、90年代までの歴代モデルを年代毎に分けて収録した大変珍しい一冊です。黎明期には既にサイレンを装備したThorやExcelsiorが導入され、カリフォルニアの丘陵地域で活躍しました。T型フォードが街に溢れ出した頃、レーストラックでも活躍していたIndian Motorcycle Companyとライバル関係にあったHarley Davidsonがその権利を手に入れました。それぞれScoutとJDが主要モデルとして採用され、オプションとして用意されたスポットライトやマグネトー、サイドカーなどが必要に応じて装備されました。30年代に入ると装備や仕様も現在とさほど変わらぬまでに進化し、フロント・ブレーキの採用、自動式サイレン、ラジオ無線、風防、ムートンのシートカバーなどが装着されます。その後も、Scout、Four、Chief、そして、JD、VL、EL、UL、Panと時代が進むにつれ採用されたモデルも進化を遂げていきます。また、サービカーや防弾風防を装備した特殊車両も登場し、当時のオプション・パーツ類、警察官のファッションを見ているだけでもマニアには価値がある一冊だと思います。頑丈でコスト・パフォーマンスに優れたサイドバルブ・エンジン採用モデルがページの多くを割いて解説され、後年モデルについては軽く触れているだけです。※こちらは絶版古書となります。裏表紙に擦れや折れがある事をご了承下さい。

定価(税別)
¥2,500
販売価格(税別)
¥2,500
在庫状態
売切れ
売切れ