• 553

Bring’ed Back to Life

DVD/英語/106分/日本製プレーヤーで再生可能

本作は、ノースキャロライナ州にあるWheel Through Time Museum(W.T.T)が発掘した手付かずの不動車を、再び公道に戻すというレストア作業を収録したドキュメンタリー作品です。まず登場するのは、玄関ポーチに40年以上放置されていたBarn Findと呼べる錆で覆われたボロボロの1949年H-D EL Panheadです。オリジナルの姿を維持したその車両は、運が良かったのか基本整備とキャブレターO/Hで長年の眠りから息を吹き返しました。続いては、ニュージャージー州で発掘された21年間不動だった1931年H-D V Flatheadを、サーキットで走らせるという壮大なプロジェクトです。最高速を競うレースに参加するという事でリンカートM51レーシング・キャブレターに換装され、75mile/h(120km)を目標に各部入念なリペアが施されました。最後に登場するのは、W.T.Tがメイン州で購入した1913年Henderson 4気筒エンジン単体とペンシルヴェニア州で出会ったM・スミス氏が制作したフレームやパーツを組み立てるプロジェクトになります。塗装を含め全ての作業が終了し、手動クランキングで息を吹き返したオープン・ロッカー4気筒エンジンは、感動を呼ぶ気品あるサウンドを奏でます。こういった当時の雰囲気を壊さないレストア作業は、見ているだけでも緊張が張り詰めますが息を吹き返した時の喜びは計り知れません。

定価(税別)
¥4,600
販売価格(税別)
¥4,600
在庫状態
売切れ
売切れ