• 283

Franklin’s Indians

ハードカバー/W200×H255/モノクロ・カラー/英語/337p

本書は、20世紀初頭の1901年にマサチューセッツ州スプリングフィールドで創業したインディアン社について、そのデザイナーでもあるアイルランド人のチャールズ B フランクリンの半生と絡めて綴ったヒストリー本です。レーサーとして活躍した欧州での青春時代(地元ローカル、英国ブルックランズ、マン島TTなど)、渡米後のキャリア、スカウトの開発、強豪H-Dとの闘い、サイドバルブ機構の天才技師(チーフ・エンジニア就任)として、チーフ誕生、OHVエンジンの開発など、同社を支えた英雄と当時のレースシーンを詳しく知る事が出来ます。ヘリカル・ギヤ・プライマリー・ドライブ、ダブル・ループ・フルクレードル・フレームなど、モーターサイクル創世記の乏しい技術を改善していった人物として、アイルランド人が国際レースで脚光を浴びた第一人者として、その熱き想いが詰まっています。また、20〜30年代を中心とした当時のレースシーンを知る貴重な写真が散りばめられており、知られざる古の姿を垣間みる事が出来ます。資料の少ないインディアン社を知るバイブルと云っても過言ではない一冊でしょう。

定価(税別)
¥5,000
販売価格(税別)
¥5,000
在庫状態
売切れ
売切れ